アレルギー性鼻炎の元を絶つ|原因把握で症状改善

医者

春になると悩まされる症状

女性

春の花粉が多くなる時期には、アレルギー性鼻炎に悩まされる方が多くいます。このアレルギー性鼻炎とは、外部からの刺激に過剰に反応する症状です。生まれつき持っている免疫機能が、体を守ろうと過剰に防衛することで起こります。その具体的な症状は、まず風邪ではないのに発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こります。通常、これらの症状は一日のうちで朝夕に強く現れる傾向が有ります。その他にも、めまいなどの不快症状、何を食べても味が分からないといった味覚異常がもあります。命に関わる病気ではないですが、仕事や日常生活であまり快適に過ごせなくなります。なので、もしも鼻炎にかかったら、すぐに病院で診てもらった方が良いです。

アレルギー性鼻炎を改善するには、鼻うがいが良いとされています。鼻うがいでは、外部から侵入した花粉等の刺激をきれいに除去できるからです。これから、鼻うがいの正しいやり方を紹介します。まずは、ぬるま湯と塩をよくかき混ぜて生理食塩水を作ります。その分量は、250ccの水に対して、塩2gくらいが目安となります。食塩水を作ったら、鼻のどちらの穴からでもいいのでゆっくりと吸い込んでいきます。コツとしては、必ず前かがみの体勢で喉を締め付けるにして入れていきます。その後、タオルを鼻に当てて軽く鼻をかみます。この時、鼻の粘膜を痛めることもあるので、強くかまない方が良いです。この鼻うがいを外出から帰った後などにこまめに行えば鼻炎は改善します。

Copyright© 2015 アレルギー性鼻炎の元を絶つ|原因把握で症状改善All Rights Reserved.